Loading...

ゆのかについて
About us

南北に長い長野県でも北に位置する「湯田中渋温泉郷」 行政区山ノ内町は群馬県と県境を供しています。
温泉郷の歴史は古く、千年以上前に温泉が発見されたことにより、多くの温泉旅館が立ち並ぶ地域でございます。
住民のための共同浴場も多く、温泉に育まれた町といっても過言ではありません。

10年前、そんな温泉郷内の女将有志が、
【温泉郷内の観光PRやおもてなしにみんなの力を合わせて取り組んでみよう!】
と女将の会ゆのかが発足いたしました。

私共女将の想いは一つ。
湯田中渋温泉郷を訪れるお客様に最高の思い出をお持ち帰りいただくこと。
現在では、おもてなしイベントや独自商品の開発を通じて湯田中渋温泉郷のPRを中心に活動しております。
また、同じ業種の女性経営者として、自社で起きた案件、悩み等を持ち寄って情報共有をしたり、
各旅館の理想像に近づけるような勉強会を開催し自己研鑽もしております。

湯田中渋温泉郷とは?

長野県北部、山ノ内町。
志賀高原の麓、横湯川、角間川、夜間瀬川の川沿いに
「湯田中」「新湯田中」「星川」
「渋」「安代」「地獄谷」「上林」
「穂波」「角間」の九つの温泉が連なります。

町内には、スノーリゾートとしても有名な志賀高原。
雲海の見えるSORA terraceが人気の北志賀高原。
猿が温泉に入ることで、海外からも人気の地獄谷野猿公苑など
多くの観光地が点在します。